HOME

What's New(新着情報)

スーツのデザインの変化

スーツは、洋服が日本に導入された頃から今に至るまで、
社会人の制服として広く利用されています。
しかしスーツと一口に言っても、時代の移り変わりや
機能性の改良など、様々な工夫がこれまでに行われています。
夏でも涼しいスーツなどはCMでもやっていますので有名ですが、
実はそのシルエットにも大きな変化が現れています。

最近のスーツは、今時の若い人向けにデザインされています。
若い人は体型の欧米化が進んでいると言われ、
細身で長身であると言われています。デザインもそれに合わせられ、
ウエスト付近を絞ってスリムに見せたり、
パンツ部も径が細かったりなど、シルエットを細く見せるための工夫が
随所に見られます。
また、昔では考えられなかったデザインとして、
薄いグレーのストライプといった柄物のスーツが
一般的なスーツとして販売されていますね。
こちらも、ストライプ柄の見せる細身効果を狙ったものだと言われています。
ブルーとホワイトの2色のストライプなど、デザイン性も非常に高いです。
一方、昔のスーツは円柱状でくびれが見られないものが多く、
こちらは日本人の昔ながらの体型に最適化されたものだと考えられます。
つまり、スーツのお下がりは時代の流れに合わないことがあるので
気を付けたほうが良いというわけですね。

ファッションはトレンドによって目まぐるしく移り変わるものです。
スーツのような形式的な服装であっても、それは例外ではなく、
今後の更なるデザインの変化にも注目していきたいところですね。

HOME